fc2ブログ

医療法人の種類4 社団と財団

今回は医療法人の種類についてです。

まずは、社団と財団についてです。
医療法人には、大きく分けて医療法人社団と医療法人財団の2種類があり、その違いはおおむね次のとおりです。

ア 医療法人社団
 複数の人が集まって設立される医療法人であり、設立のため、預金、不動産、備品等を拠出するものです。(医療法改正(平成19年)により、平成19年4月1日以降は出資持分の定めのある医療法人を設立することはできなくなりました。)医療法人が解散したときは、法第44条第5項及び定款に定める方法により残余財産を処分します。

イ 医療法人財団
 個人又は法人が無償で寄附する財産に基づいて設立される医療法人です。医療法人が解散したときは、法第44条第5項及び寄附行為に定める方法により残余財産を処分します。

ウ 定款と寄附行為
医療法人社団は「定款」で、医療法人財団は「寄附行為」で、それぞれ基本事項を定めます。

現在、設立されているほとんどの医療法人が、医療法人社団の形態をとっています。

東京都での医療法人設立・M&Aはこちらから ↓ 
東京医療法人手続きセンター
事務局 http://tokyo-iryou.com/

スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: