fc2ブログ

医療法人設立のメリット

一般的に、下記の理由で個人事業から医療法人を設立するメリットがあるとされています。

(1)経営上のメリット
 医院・歯科医院を法人にしますと、組織構成員の役割分担が明確になるため、
 それぞれの構成員は自分の業務に専念できます。
 また、経理上も家計と法人の経理が明確に区分されるため、いわゆる「どんぶり勘定」に陥ることなく、
 合理的な意志決定が可能となります。

(2)税務上のメリット
  イ.超過累進税率の回避
   個人の事業所得には、所得金額が増えれば増えるほど税率が高くなるという
   「超過累進税率」が適用されます。
   一方、医療法人では、所得金額の多寡にかかわらず、
   税率が一定の「二段階比例税率」が適用されます。
   従って、高額所得者にとっては法人化しますと、かなりのメリットが期待できます。

  ロ.給与所得控除の活用
   医療法人から支給される院長の報酬につきまして、通常の給与所得者同様、
   給与所得として、給与所得控除を適用することができます。
   この給与所得控除というのは、医師課税特例と同じく、実際に経費がかからなくても、
  一定額を控除するというものです。

  ハ.役員退職金の支給
   個人経営のままでは、院長ならびに家族従業員が退職した場合、
   退職金を支給しても必要経費に算入できません。
   一方、医療法人であれば、過大でないかぎり、
   院長、家族従業員に支給した退職金は法人の必要経費に算入できます。
   また、退職金は退職後の生活保障といった観点から、
   所得税法上かなり優遇されておりますので、できるだけ活用したいものです。

  ニ.生命保険料の経費化
   個人が保険に加入した場合、その保険料は年間最高100,000 円しか控除できません。
   しかしながら、法人の場合には、法人が受取人で、かつ、掛捨ての保険料は全額損金に算入できます。
   つまり、節税をはかりながら、死亡退職金の支払原資を準備できるのです。

 ※ 上記は、一般的な考えによるものです。貴医院が医療法人化するのが本当にメリットがあるのかは、
   行政書士等の専門家に個別具体的にご相談されることをお勧めします。

詳しくは事務局まで 事務局http://tokyou-iryou.com/
スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: