FC2ブログ

医療法人設立で資本金を1000万円未満にした方が消費税で節税できるとききましたが・・・

医療法人設立で資医療法人設立で資本金を1000万円未満にした方が
消費税で節税できるとききましたがどのような仕組みでしょうか。

医療法の改正により、平成19年4月以降は、
出資持分のある医療法人は設立できないこととされました。
この改正により、従来は医療法人を設立する際は資本を出資する方法で設立していましたが、
現行の医療法人では、出資持分の定めのない基金への拠出という形で
資金を募集することとなりました。
この基金は従来の資本金とは異なるものであると考えられています。

つまり、法人税法上は基金が1000万円であっても5000万円であっても
資本金の額は0円となります(基金と資本金では概念が異なるためです)。
従って、基金の金額は消費税法上の資本金又は出資金の額に影響しません。

ですから、改正前の医療法人のように、
設立当初の資本金の額が1千万円以上でも設立当初から消費税がかかる事はありません。

設立の際の基金が額は十分ご検討の上、
失敗のない医療法人設立を心がけましょう。

詳しくは、事務局まで 
東京医療法人手続きセンター
事務局 http://tokyo-iryou.com/

スポンサーサイト



この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: